ふるさと納税

facebook twitter instagram YouTube

0153-87-2111

活用実績のご報告

令和元年度は総額427,003,484円、延べ27,745件の寄付がありました。

皆様からのたくさんの支援は『知床・羅臼まちづくり基金』として有効に活用させていただき、「世界自然遺産・知床」を保護し、将来を担う次世代に引き継ぐほか、町民が安心して暮らせる地域社会、住民参加の自治体運営を目指していきます。

 

(1)地域資源を活かした活力ある産業のまちに関する事業

 

 

 

●おいしいウニを皆さんへ!~ウニ資源の有効活用を目指した取り組み~

 羅臼町では、最大の産業である漁業がここ数年不振で、獲る漁業からつくり育てる漁業への転換が大きな課題です。特に安定した育成や出荷が期待できる根付資源(昆布・ホタテなど)の維持・増大をはかることは、羅臼町にとって大変重要な取り組みとなります。
 今年度はまちづくり基金を活用し、ウニ資源を有効活用する2件の取り組みについて充当させていただきました。
 
 ウニの資源づくりを行うため、羅臼町・羅臼漁業協同組合では、平成7年より「ウニ種苗生産事業」に取り組んでいます。これは、ウニ種苗生産センター内で稚ウニ(ウニの子供)の孵化を行い、一定サイズまで育てた(中間育成)のち羅臼町前浜に放流することで資源の維持と増大をはかり、持続可能な「つくり育てる漁業」を目指すものです。
 また、近年は、天然生まれのウニが増えており場所によっては餌が不足して成長や身入りがよくない状態になっていることから、ウニの移殖事業も同時に行っています。身入りの良くないウニを潜水で採り、餌になる海藻が多いところへ放流して、ウニの身入りを良くすることで資源として有効活用を目指すものです。令和元年は9月2日~16日(8日間)で幌萌町地先を中心に約57トンのウニを採捕し、前浜に放流しました。これらの作業は、羅臼沿岸の海底状況を熟知したウニ漁業部会の協力もあり、効率よく作業を進めることができました。

 羅臼町ふるさと納税においても、ウニは人気返礼品の一つです。(寄附者の皆様には長らくお待ちいただいた方も大勢いらっしゃいました。申し訳ございません)。羅臼町では、おいしいウニを消費者のみなさんにお届けするため、今後もつくり育てる漁業に取り組んでまいります。

 

●地域が提案するまちづくり助成事業

 

 この助成事業は、熱意あるまちづくり活動や町民が主体的に取り組む事業を応援するための活動費等の経費を補助する制度です。
 今年度は、住みよいまちづくりを実現するため町内会や各種産業団体等から7件の事業に補助することができました。
 そのうちの1事業である羅臼町商工会青年部が主催する熱気球フライト体験イベントは、今後の羅臼町における新たな観光資源へ発展の可能性を模索する目的で実施されました。テストフライトを兼ねた無料体験搭乗会として実施することで、約40名の町民が集まり、普段見ることができない知床らうすの絶景に笑顔が溢れました。
羅臼町では、こうした町単独の補助制度にまちづくり基金を主財源として充当させていただき、町民が行なう主体的な取り組みを効果的に支援して参ります。

 

 

 

(2) 一人ひとりが輝ける地域医療、保健、福祉、介護のまち

 

 

 

●安全安心の子育て環境のために

 漁業が基幹産業である羅臼町は季節や水揚げによって人手が必要になることが多く、保護者が昼間家庭にいない児童が多いことから安心して子どもを預けられる環境整備が急務でありました。羅臼町では、そのような課題を解決するため、平成28年度より児童福祉法に基づく放課後児童クラブを開設し、子どもの居場所づくりに努めて参りました。
 今年度は、まちづくり基金から当クラブの運営費の一部を充当させていただくことで、授業の終了後に2校の小学校の空き教室を利用したクラブを開設し、放課後における子どもの居場所を確保するとともに、多様な遊びや四季折々の行事を行うことで、子どもの健やかな育成を支援することができました。
 羅臼町では地域の実情に即した子育てしやすい環境を整えるため、学校や地域・保護者と連携を図りながら家庭における子育ての育成・支援を図って参ります。

 

 

 

平成30年度は総額483,113,190円、延べ33,537件の寄付がありました。

(1)地域資源を活かした活力ある産業のまちに関する事業

 

 

●地域が提案するまちづくり助成事業

この助成事業は、熱意あるまちづくり活動や町民が主体的に取り組む事業を応援するための活動費等の経費を補助する制度です。

 

今年度は、住みよいまちづくりを実現するため町内会や各種産業団体等から8件の事業に補助することができました。(補助例:オジロ橋清掃ボランティア事業、会館屋根塗装、第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ運営費、海洋深層水を活用した養殖昆布の食用利用のための陸上養殖試験 他)補助制度の予算は、まちづくり基金を主財源として充当させていただき、町民が行なう主体的な取り組みを効果的に支援することができました。

●『羅臼のふつうは、日本のごちそう』特産品PR活動

平成28年に設立された知床らうす特産品販売振興会は、これまで「知床らうす」の特産品を道内外へ広くPRし、販売促進と販路拡大を目的として活動してきました。平成30年度は、基金を活用し新たな販売戦略地として九州地方へ進出し、知床らうすフェアと羅臼町単独商談会を開催することができました。「羅臼町」を全国の皆様にもっと知っていただくため、継続したPRや戦略性の高いプロモーションに励んでいくべきものと課題を見つけることもできました。今後も全国の方々に「知床らうす」の魅力をお届けするため、まちづくり基金を活用しながら各種取り組みに一層力を入れてまいります。

 

 

●ホタテ資源を守るための有害生物(ヒトデ)の駆除事業

羅臼漁業協同組合ではホタテの資源増大に稚貝の放流を行っていますが、ホタテ貝は、ヒトデに食べられて資源が減ってしまいます。この課題に対応するため北海道と連携し、漁場に生息するヒトデを潜水で駆除しました。

新鮮で安心・安全な羅臼の味覚を食卓へお届けするために、ホタテ資源の維持を図り生産増大に努めて参ります。

 

 

 

 

(2) 一人ひとりが輝ける地域医療、保健、福祉、介護のまち

 

 

●子育てを応援する各種助成制度を新設

※写真はイメージです。

羅臼町では子育て支援の有り方を根本から見直すため、平成29年度に庁舎内の関係職員で構成する「子育て支援プロジェクト」にて、子育てに関する課題に対応した議論・検討を進めてきました。これまでの子育て支援事業や母子保健事業を更に拡充し、不妊治療費や産婦健診等の助成制度を新設しました。これにより妊娠期~出産期~産後期と切れ間の無い支援を行うことができるようになりました。羅臼町ではこれまで取り組めていなかったこうした各種助成や支援策に、まちづくり基金を主財源として充当させていただき、平成30年度の新規事業としてスタートさせることができました。

  • 産後ケア委託事業(H30年度新規)
  • 特定不妊治療費助成金(H30年度新規)
  • 妊婦精密健康診査助成(H30年度新規)
  • 妊婦健診助成(H30年度新規)

今後も、羅臼町の地域事情に向き合った支援と安心・安全な子育てができる望ましい家庭環境を目指し、子育てを応援するまちづくりを進めて参ります。

 

 

(3) 自然環境に配慮し安心安全に暮らせる快適なまち

 

 

●防災備蓄品の更新

羅臼町は海岸線と河川沿いのわずかな平地に集落が集中し、居住宅の多くは常に土砂災害や高潮災害等の危険と隣り合わせで暮らしています。平成28年8月の大雨災害では、海岸町地区をはじめとする各地で土砂が崩落し、巡視に当っていた作業員1名が亡くなる等甚大な被害をもたらしました。特に、海岸町地区の大規模な土砂崩落では、唯一の幹線道路とライフラインが寸断され、不自由な生活を余儀なくされたのは記憶に新しく、災害への備えや日頃の防災意識の向上に努めることは非常に大切なことであると認識させられました。

この度まちづくり基金を使用し、水・食料品・暖房等の防災備蓄品を更新させていただきました。更新した備蓄品は、各地区の町内会館や避難所に指定している公共施設に配布され、地域住民の安心・安全のための備えとして管理して参ります。

●知床世界自然遺産ルサフィールドハウスの有効活用事業

知床世界自然遺産ルサフィールドハウスは、平成21年に環境省により設置された、知床半島先端部利用における指導・啓発を行う関所的な機能を有した施設です。先端部を利用しようとするトレッカー等に対し、ルールやマナーのレクチャー、野生動物や海岸線状況の情報を提供し、事故防止と環境保全を図ることが目的です。また、地元住民にも気軽に利用していただき、自然環境の保全意識を高めることも重要な役割の一つです。

この施設の管理運営は環境省と羅臼町が(公財)知床財団に委託しています。平成30年度の委託料は基金を活用させていただき、特に町民向け事業を充実させました。気軽に立ち寄れるよう雰囲気を大切にした定評ある『ルサカフェ』を期間限定でオープンするほか、親子を対象としたものづくりイベント『クマザサバランを作ってみよう』・『シカの毛絵筆と自然素材絵具を作ろう』の2事業を実施することができ、ものづくりを通して、羅臼の自然へのふれあいと親と子の絆を深めることができました。

今後も、知床及び羅臼町の深みのある魅力と多様な情報を町内外の来訪者にお伝えする日本最北東端の情報発信拠点として、継続した取り組みを行っていきます。

 

 

(4) 豊かな心身を育み、明日へとはばたくまち

 

 

●子どもの自律・親育て応援プロジェクト「緒むすび」が始動

子育て支援の有り方を根本から見直すため、平成29年度に「子育て支援プロジェクト」を庁舎内の関係職員で構成し部会毎の議論・検討を進めてきました。教育委員会と保健福祉課を中心とした部会では、学校や幼稚園と連携した横断的な専門組織を立ち上げる必要性を認識し、学校保健と地域保健が連携をすることで、子どもの心身における健康課題を共有することができ、また乳幼児期から一環した健康づくり事業を共同で推進することを確認しました。

平成30年5月子どもの自律・親育て応援プロジェクトとして、教育委員会と保健福祉課・学校の専門職員で構成するチーム「緒むすび」が設立されました。羅臼町の子ども達(特に中学生)のメディア利用時間が、全国平均を大きく上回っているデータから、学校授業や日常生活に支障をきたしている児童・生徒がいることを課題として取り上げ、「子どもとメディアの良い関係」と題した学習会を実施することができました。さらに、羅臼の子育て課題に対応したメッセージを『ら・う・す・の・お・や・そ・だ・ち・お・う・えん』を頭文字として標語化したクリアファイルを作成し、羅臼の全児童・生徒に配布し啓発活動を行いました。

今後も、基金を有効的に活用させていただき、横の連携を強め心身ともに健康な子育てを応援するまちづくりを進めて参ります。

●最先端機器を活用した授業が実現

平成30年度は新設校「知床未来中学校」の開校にあわせて、基金を活用しICT機器(2in1PC等)を多数台導入することができました。今後は多様な外部人材との交流活動や最先端のテクノロジーに触れる機会がますます重要になってきます。北海道の最北東端に位置する我が町は、他地域と距離が離れており、また移動する交通手段も限られた地域です。ICT機器を活用した授業展開は、通信機能等を活かした幅の広がる内容が期待でき、生徒も教員も楽しみながら効果的な学習を行うことができます。

知床の食や自然を求めて来町される旅行者の方々や、年々増加するインバウンドに対応する意味でも、青少年期からICT機器に触れる機会を増やし、多様な価値観・文化や言語が異なる人材との円滑なコミュニケーションを図ることが重要になります。相互理解を深める人材育成に力を入れ、同時に地域に内在する課題の発見と解決に尽力できる人材育成を進めて参ります。

 

 

●子ども達の心身の健全な発達のための運動プログラム

子ども達の体力・運動能力低下が全国的に叫ばれている中、羅臼町では運動学習能力を養う「コオーディネーショントレーニング」と呼ばれる運動プログラムを全幼稚園・全小学校に導入し、多様な運動能力を開発する教育を実践しています。今年度は基金を活用し、日本コオーディネーショントレーニング協会の公認講師を招へいし、学校教諭を対象とした研修会を実施しました。羅臼町では、平成29年度体力・運動能力等調査において、小学生男女共に体力合計得点が全国平均を上回る等、一定の成果が表れ始めています。

 

 

●ココからココロからはじめよう、知床羅臼の青年育成

町内の青年を対象にした視察研修事業を今年度初めて実施しました。道内において様々な視点で地域活性化に取り組む人材や団体・企業等を訪問し、そのヒントや手法を学び青年活動を活発化させる目的です。「北海道最大級のイベントを手掛ける仕掛け人」「北海道の魅力を世界へ伝える仕事人」等、北海道の最先端を走り活躍する人達との出会いから、やりたい事を実現するための第1歩の踏み出し方やチームビルディングなどの手法等、多くの学びを得る機会となりました。『この町に住む羅臼町民、この町を訪れる世界中の人々がみんなワクワクし続ける町でありたい。』学びを得た青年達の言葉通り、新たなワクワクが誕生することを心待ちにしています。

寄附者様からのメッセージ(令和元年度分)
  • 昆布大好きです! よくニュースや特集で、仕事の環境や跡継ぎ問題なんかを見ています。 いつも寒い中お仕事して下さってる方々に感謝すると共に、これが少しでも役立つ事をお祈りしております。 (奈良県 20代 男性)
  • 釧路に住んでた時はよく行きました。皆さん頑張って下さい。 (愛媛県 50代 女性)
  • 知床に観光にいくのが好きです。自然を守ってください。 (愛知県 30代 男性)
  • 応援してます。頑張ってください。 (東京都 40代 男性)
  • 私は一度行きたい場所です。是非、遠方から行きたくなる街になってください。 (愛知県 40代 男性)
  • 地域活性化、頑張ってください。 (新潟県 30代 女性)
  • 有意義に活用して頂けたら嬉しく思います。 (茨城県 50代 男性)
  • 北海道の素晴らしい自然が好きで毎年、趣味の登山をしに北海道に来ています。 知床の自然保護に使っていただきたいです。 (神奈川県 30代 男性)
  • 知床半島は色々な意味で私が最も期待している地域です。これまで通り、これまで以上に自然をしっかり守ってください。近々、必ず再訪します。今年もイバラガニ頼ませていただきました! (山梨県 30代 女性)
  • 地域の活性に活かして頂けると嬉しいです。 (神奈川県 40代 女性)
  • いつも楽しみにしています。今後とも頑張ってください。 (大阪府 30代 女性)
  • 昨年、おいしくて感動したのでリピートします。 (千葉県 30代 男性)
  • 行ったことないですけど、自然が豊かなんだろうな~と思います。 未来のためにも自然を大切に・・・環境保護に期待します。 (兵庫県 50代 女性)
  • 今年6月一回現地に行ってきました、とっても感動し、ぜひ応援したいと思います。 (大阪府 50代 女性)
  • 世界遺産 知床を保護する活動の為、微力ながら寄付させて頂きます。 (愛知県 30代 女性)
  • 家族で羅臼昆布の大ファンです! 応援してます (神奈川県 40代 男性)
  • 頑張って下さい (静岡県 50代 女性)
  • 羅臼の昆布は最高級です。とても美味しい。いつまでも自然のままで。よろしくお願いいたします。 (神奈川県 50代 男性)
  • 頑張ってください(^^) (大阪府 20代 男性)
  • 夜だとありがたいです(>人<;) (埼玉県 40代 男性)
  • 自然を生かした町づくりを推進してください。 (宮崎県 50代 男性)
  • よろしくお願いします。 (京都府 30代 男性)
  • 素敵な町にして下さい (京都府 30代 男性)
  • 九州から遥か遠いですが、いつか行ってみたいです (秋田県 40代 男性)
  • 美味しいもの期待しています。頑張ってください。 (神奈川県 50代 女性)
  • 羅臼町の漁業発展に少しではありますが、寄付金を使って頂くことを希望します。 (東京都 50代 男性)
  • 一度しか訪れたことはないんですが、今も知床の大自然を鮮明に覚えています。また行ける日を楽しみにしています(^^) (東京都 30代 男性)
  • いつまでも魅力ある街であって欲しい。 (大阪府 50代 女性)
  • 亡き伯父が在住の約40年前に訪問しました。機会があればまた訪問したいです。 (千葉県 50代 男性)
  • 応援しております! (東京都 30代 男性)
  • 以前訪問した際、雄大な自然に圧倒されました。また近いうちに再訪したいと思います (東京都 30代 女性)
  • 知床の自然を守り、次世代へ。宜しくお願い致します。 (東京都 40代 男性)
  • 羅臼へは何度か旅行で伺ったり、テレビで拝見しています。遠いので中々行けませんが、また行ってみたいと思っています。 (東京都 50代 男性)
  • 昔旅行をしたときに、おいしかったぶりを覚えています。いつまでも活気ある町でいられるように応援しています。 (東京都 30代 男性)
  • 少し遠いのでなかなか行けませんが、また行きたいと思ってます。 (埼玉県 40代 女性)
  • 毎年羅臼産の特産品を取り寄せております。 非常においしいです。これかもよろしくお願いします! (岡山県 30代 男性)
  • 初めて参加します・他町のサケで 今回羅臼が初めてで期待しています。 (愛媛県 80代 男性)
  • 返礼品につられてのふるさと納税ですが、これを機会に注目したいと思っています! (京都府 40代 女性)
  • 災害に強い町づくり、若い人が魅力を感じる町にしてください。 (兵庫県 40代 男性)
  • 自然を守って頑張ってください! (東京都 50代 男性)
  • いつか知床半島行ってみたいです! いくらいただきまーす!! (栃木県 20代 男性)
  • お役に立てれば光栄です。毎回美味しいお魚を楽しみです。 (東京都 50代 男性)
  • 学生の頃は毎年カラフトマス釣りに行っていました。羅臼大好きです。 (東京都 40代 女性)
  • 毎年寄付してます。応援してます。 (東京都 30代 男性)
  • 美味しいいくらが届くのを首を長くして待ってます!冬場は寒さ厳しいことと思いますが、皆さんお身体をご自愛下さい。 (愛知県 50代 女性)
  • 北大医学部出身の医師 医学博士です。子供たちのためにお願いします。 (島根県 50代 男性)
  • 頑張って下さい! (京都府 60代 女性)
  • おいしい昆布をいつもありがとうございます。きれいな自然を保って日本の味を支えてください。 (埼玉県 40代 男性)
  • 羅臼昆布いい出汁が出ておいしいです。機会があればいってみたいです。 (東京都 40代 男性)
  • いつか遊びに行って、生のお刺身をいただきたいです。 (千葉県 20代 男性)
  • 新婚当時ツアーでおじゃましました。壮大な自然が忘れられません。九州宮崎より羅臼町の発展をお祈りいたします。 (千葉県 60代 男性)
  • 頑張って! (神奈川県 40代 女性)
  • 私も故郷の北海道のことをいつも思い、忘れたことは一秒もありません。わずかですが、活性化にお役立て下さい。 (兵庫県 40代 男性)
  • 去年も寄付しました。 魅力あるまちづくりを応援しています。 (愛知県 40代 男性)
  • 世界遺産の知床の町、羅臼を応援しています。頑張って下さい。 (静岡県 50代 男性)
  • 街の活性化にご利用ください。 (兵庫県 40代 男性)
  • 美味しい物をありがとうございます。 (三重県 60代 女性)
  • これからも自然を守り美味しい食べ物が取れる町づくりを願ってます (三重県 40代 男性)
  • 応援しています。 (三重県 50代 男性)
  • 羅臼町のこれからの発展を応援しています。 (東京都 60代 男性)
  • 好きです羅臼 (東京都 50代 男性)
  • これから寒さが厳しくなりますが、穏やかな季節になることを願っています。 (京都府 50代 男性)
  • 美しい大自然を守り続けてください。 (神奈川県 50代 男性)
  • 羅臼町応援しています! (滋賀県 30代 女性)
  • 頑張れ、羅臼町おいしいものを日本全国に提供してください! (東京都 40代 女性)
  • 観光で訪れました。素敵なまちづくりをがんばってください! (埼玉県 40代 男性)
  • これからもキャンプで町へ行きます (愛知県 50代 男性)
  • 学生だった30年以上前から何十回と伺っています。素晴らしい自然と海の恵みがいつまでも維持されることを祈っています。 (東京都 50代 男性)
  • いつか行ってみたい場所なので、寄付させていただきました。今後も資源を活かした活気のある街づくりに役立てられたら良いなと思います。 (東京都 30代 女性)
  • 昨年に続き、寄付させていただきます。返礼品、楽しみにしてます。 (神奈川県 50代 男性)
  • 美味しい海産物を食べられるのも漁師さんのおかげです。漁業をお守りください。 (千葉県 40代 男性)
  • 頑張ってください。機会があれば遊びに行きます。 (宮城県 30代 女性)
  • 羅臼コンブは世界の宝です。大切にして、それを生かして町を守っていってください (東京都 40代 男性)
  • 応援しています。 (福岡県 40代 男性)
  • 素晴らしい観光資源、自然、食の資源を生かしてすばらしい街になってください。 (東京都 40代 女性)
  • 雄大な自然、資源を大切に守ってください。 (埼玉県 40代 男性)
  • 今年もお願いします 北海道の市町村が元気になること応援してます (兵庫県 60代 女性)
  • 九州からです とてもいくらがおいしそうです 家族で楽しみに待っています 期待してます! (愛知県 30代 男性)
  • 大好きな羅臼町です。是非町の活性化に寄付金を活用してください。 (京都府 40代 男性)
  • 町の発展を祈念しています (神奈川県 50代 女性)
  • 楽しみにしています。昨年も頼みました! (神奈川県 30代 男性)
  • おいしい海産物の生産を続けてください。 頑張ってください。 (神奈川県 50代 男性)
  • 遠くから応援しています! (東京都 40代 女性)
  • 昨年に続き、寄付させていただきます。返礼品、楽しみにしてます。 (群馬県 50代 男性)
  • いつかきっと羅臼に行きます。 (千葉県 40代 男性)
  • 頑張って下さい。 (大阪府 50代 男性)
  • 去年に引き続き、ふるさと納税させて頂きます。今後とも、活力のある農林水産業を持続してください。 (埼玉県 20代 男性)
  • いろいろな原因で、昆布が育つ環境を守ることは難しいと思います。 これからも健康第一で頑張ってください。 (大阪府 50代 男性)
  • これからも羅臼の大自然の恵みをいただけますことを心より楽しみにしております。漁業関係者の皆様に心より感謝しております。 (東京都 50代 男性)
  • 北海道は遠くてなかなか行けないけど自然と食が豊かな土地で、あこがれです。 頑張ってください!! (兵庫県 40代 男性)
  • 昔、新婚旅行で羅臼に宿泊して、美味しい海の幸を頂いたのがいい思い出です。 (東京都 50代 女性)
  • 知床が、今後も日本の誇る観光名所であり続けて欲しいです。 (千葉県 30代 男性)
  • 頑張って下さい! (福岡県 50代 男性)
  • 繁栄を願っています。 (東京都 60代 男性)
  • これからも羅臼の自然を守りと漁業関係者の方々の皆様のご発展をお祈りいたします。 (大阪府 50代 男性)
  • 昨年の返礼品が良かったので今年も寄付しました。皆様がいつまでも元気で過ごせますように! (神奈川県 40代 男性)
  • 僅かですが羅臼町の活性化にお役立て下さい。 (東京都 50代 男性)
  • 旅行中に羅臼町へ立ち寄りました。その際に町の方々に親切にしていただいた為、恩返しになればと思い寄付をさせていただきました。 (東京都 30代 男性)
  • うまいものをありがとうございます。 (東京都 40代 女性)
  • 豊かな自然を大切に、守ってください。 (福岡県 50代 男性)

寄附のお申し込みはこちら

ページトップへ